姫マツタケの効果・効能NAVI 姫マツタケに期待できる効果・効能を研究結果からリサーチ

臨床試験でも認められた姫マツタケの効果とは

姫マツタケを含む健康食品カタログ

まだある姫マツタケに期待できる効果・効能

姫マツタケの効果・効能Navi

肝機能の向上

ここでは肝炎を発症するのメカニズムと、肝機能の向上に効果的と言われる姫マツタケ(アガリクス)の働きについて解説しています。

肝臓の病気・肝炎の発症メカニズム

肝臓の病気としてよく知られるものに肝炎があります。肝炎は肝臓が炎症を起こして肝細胞が壊れる病気ですが、日本でもっとも多いのがウイルス性の肝炎で8割を占めると言われています。

ウイルス性の肝炎の原因となるウイルスはA型、B型、C型、D型、E型、非A~非E型(G型、TT型など)、その他の7つに分類されます。この中で問題となるのは慢性肝炎→肝硬変→肝癌へと進行するB型とC型です。

肝炎ウイルスは体内に入り込んでも直接肝臓細胞を破壊することはないので、すぐに肝炎が発症するわけではありません。ウイルスが体内に侵入したことで免疫機能が働き、ウイルスを排除しようとするのですが、この時に肝臓の細胞まで一緒に攻撃してしまうため、肝臓が炎症を起こし、肝炎を発症するのです。

ウィルス性肝炎は原因を引き起こしているウイルスの力を弱めて身体の抵抗力を高めることが必要で、一般的な治療ではインターフェロン療法が有効とされています。但し、インターフェロン療法は発熱や全身の倦怠感、関節痛などの副作用を伴いますので、決して楽な治療法ではありません。

姫マツタケの効果で肝臓病改善が期待できる

肝臓の病気・肝炎の治療の最大の目的は、肝臓組織の再生能力を高めることです。食事には高エネルギー、高タンパク、高ビタミンが求められます。姫マツタケには破壊された肝細胞の再生に重要なアミノ酸を大量に含んでいて、肝臓の代謝活動を促進するビタミンB群も含まれるため治療食としては最適と言えます。

また、姫マツタケに含まれているβ-グルカンやヘテログルカンといったタンパク複合体がサイトカインという免疫細胞から分泌されるたんぱく質を促し、さらにインターフェロンを活性化させる働きがあると言われています。

インターフェロンはウイルスなどに感染した際に体を守るために作られるたんぱく質で、肝細胞を破壊することなくウイルスの増殖だけを選んで攻撃することができます。

姫マツタケの肝機能改善の効果は臨床試験でも明らかになっており、三重大学医学部の伊藤均博士と中国・蘭州医学院の王軍志博士の共同研究による臨床データによると、1日20gの姫マツタケの投与により慢性B型肝炎の患者の肝機能が改善したり、肝炎ウイルスの活動を抑制したりすることがわかっています。

以上のように姫マツタケには肝臓細胞の破壊を最小限にとどめて、肝臓の再生能力を元に戻す効果があるため、肝臓病の改善が期待できるのです。

【免責事項】
このHPは個人が調査した情報をベースに作成したもので、姫マツタケの健康効果を確約する意図はありません。
健康食品を取り入れる場合は、必ずかかりつけの医師に相談の上で行うようにしてください。
また、サイト内で紹介している健康食品の詳細情報は、各社HPで確認をお願いいたします。

姫マツタケの効果・効能Navi