姫マツタケの効果・効能NAVI 姫マツタケに期待できる効果・効能を研究結果からリサーチ

臨床試験でも認められた姫マツタケの効果とは

姫マツタケを含む健康食品カタログ

まだある姫マツタケに期待できる効果・効能

姫マツタケの効果・効能Navi

アレルギーの緩和

ここではアレルギー発症のメカニズムと、アレルギーの緩和に効果的と言われる姫マツタケ(アガリクス)の働きについて解説しています。

アレルギー症状が起きる仕組み

アレルギー性疾患は生活習慣病ではありませんが、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症など約3人に1人が何らかのアレルギーを持つと言われ、多くの人たちを悩ませています。

アレルギー性疾患は人間が本来持っている免疫システムの調子が狂い、細菌やウィルスではない侵入者(アレルゲン)に対して敵と誤認し過剰に反応することで起こります。スギ花粉やダニなどのアレルゲンに何度もさらされるとヘルパーT細胞はB細胞にIgEという抗体を作ることを促します。

IgEは鼻の粘膜や気管支などのマスト細胞に付いて再びアレルゲンが侵入してくるのに備えます。この状態の時に再びアレルゲンが侵入すると、抗体であるIgEが反応してヒスタミンを放出。それによってかゆみや喘息、鼻水などの症状が出るというわけです。

実はT細胞には2種類あり、ヘルパーT細胞はIgE作りの補助をしますが、サプレッサーT細胞は作りすぎを抑える働きをします。この2つのバランスが保たれている時はよいのですが、アレルゲンに過剰に反応してしまうとバランスが悪くなって強いアレルギー症状が出てしまうのです。

姫マツタケのアレルギー疾患への効果

現在、アレルギー疾患の一般的な治療では、抗ヒスタミン剤やステロイド剤などが用いられます。しかし、抗ヒスタミン剤は眠気などの副作用があり、ステロイド剤は長期の使用によって皮膚が薄くなり、毛細血管が拡張したり内出血を起こしやすくなるといった問題があります。

そこで注目されているのが姫マツタケ(アガリクス)のアレルギー緩和の効果です。

姫マツタケに多く含まれるβ-グルカンという成分には免疫力が低下している場合にはヘルパーT細胞を活性化する働きがあり、逆に免疫効果が過剰になっているような状態の場合にはサプレッサーT細胞を活性化させ、行き過ぎた免疫反応を抑えて正常な状態に戻す作用が確認されているのです。

三重大学生物資源学部の行った姫マツタケのアレルギー抑制作用についての実験によれば、モルモットの腸管にヒスタミンを注入し腸に強い収縮作用を起こさせた後に、姫マツタケの熱水抽出エキス(ABWE)を注入すると、腸の収縮抑制作用がはっきりと現れることがわかっています。

姫マツタケのヒスタミン抑制率は抗ヒスタミン剤よりは低いのですが、副作用の心配がなく安心して使用できるのが大きな特長であり利点と言えるでしょう。

【免責事項】
このHPは個人が調査した情報をベースに作成したもので、姫マツタケの健康効果を確約する意図はありません。
健康食品を取り入れる場合は、必ずかかりつけの医師に相談の上で行うようにしてください。
また、サイト内で紹介している健康食品の詳細情報は、各社HPで確認をお願いいたします。

姫マツタケの効果・効能Navi